自動車メーカーの相次ぐリコール、不正問題を考える

EV仕様のマイカーへと切り替わる日も近い?

自動車の業界は大きな転換期を迎えています。
電気自動車への移行が急ピッチで進められています。

今現在はまだガソリン車の方が主流ですが、近いうちにEV仕様のマイカーへと切り替わります。
業界だけではなく、世界中の国々がそれを推し進めています。

いずれガソリン車は鉄道でいうところのSLのような存在になるのかもしれません。
完全に絶滅する事はないものの、EVマイカーにシフトし、車の役割と仕様が大幅に変わるのは確かな未来です。

そのため、自動車メーカーは不断の努力を続けています。
ライバル企業に負けないように独自の技術を開発して、電気自動車のポテンシャルを引き上げています。

EVの弱点であった馬力が弱い事、バッテリ性能が低い事は見事にイノベーションによって改善されました。
ここ数年で電気自動車をめぐる技術革新は劇的に進められており、それはメーカー同士の熾烈な競争があったおかげです。

コンプライアンス違反、ガバナンスの乱れ等の問題が生じている

一方でどの業界にも言える事ですが、新しい規格や環境に向けて各企業が激しい技術開発の競争を激化させると、業界全体が疲弊します。
ライバル企業から一歩でもリードするため、不断の努力を続けて新技術に費用を大規模に投資する事は確かに大事です。

それによって劇的にイノベーションが起きて一般消費者にとっては大きな恩恵が生まれます。
電気自動車の値段が下がり、性能が良くなるのはユーザーにとっては嬉しい事ですが、その弊害として自動車メーカーが競争に明け暮れるあまり、コンプライアンス違反が増えたり、ガバナンスが乱れる等の問題が生じています。

有名な自動車メーカーでこの頃リコールが多発しています。
個別の原因は様々ですが、マクロ視点で見ると業界の激しい競争によって、ライバル企業に勝つためには多少の無理は仕方ない、というコンプライアンスへの意識が下がって来た風潮があるのです。

経営にはトレードオフが不可欠であり、品質を優先するとスピードが犠牲になり、反対に開発速度を優先するとクオリティが下がります。

組織構造が多発するリコールの背景に隠されている

本来であれば経営者が自社のグラウンドデザインを描き、そのどちらかをリスクを積極的に取って決断をしなければなりません。
しかしながら、品質と開発速度の両方を維持したいという欲求が強い組織が多く、その二律背反する問題を具体的な解決策を講じないまま、経営陣が現場のスタッフにプレッシャーを与える、そんな組織構造が多発するリコールの背景に隠されています。

経営陣は少しでもライバル企業に打ち勝つため、論理的に戦略を立案し、現場はハードなスケジュールでも無理をして完成に近づける、客観的にみれば皆、それぞれが良い事をしているにも関わらず、結果的には品質が低い車が世の中に出てしまい、その対応が後手後手にまわっているのです。

スペック数値の偽装や検査書類の不正なども、各メーカーで頻発しています。
こちらも原因は熾烈な競争にあり、少しでも短期間で良い製品を生み出そうとする、努力が無理なスケジュールを現場に強い、疲弊してコンプライアンス意識が希薄になった現場スタッフが、いけない行動に走ってしまう、そのような図式があります。

若年層がマイカーを買わなくなった事による影響

また業界全体で検査体制やスペック表示がいい加減になっている、との指摘もあり、競合他社が不正をしているので自社がしても問題ないだろう、というモラルハザードが自動車業界全体にまん延している恐れも高いです。

間接的な要因としては、若年層がマイカーを買わなくなった事による影響もあります。

近年若年層の所得がひと昔よりも激減しており、今までは新車のメインターゲットになった層がそもそも車離れを起こしている事があり、これが自動車メーカー各社の売り上げダウンに影響している事は確かであり、いけない事ですが有名企業の現場と経営陣にも将来への焦りと不安が渦巻いており、それが不正やリコールの遠因になっている感は否めません。

カジノ初心者にもおすすめ!ブラックジャックのルールと遊び方

21を超えると負けが確定するゲーム

ブラックジャックはルールが簡単で分かり易い事と、それでいてゲーム性があって楽しみがあるので、初心者にもおすすめ出来ます。
特にディーラーとの心理戦を楽しむことか出来るので、この心理戦に対する勝ち負けが出来るのも面白い所という事が言えるのかもしれません。

ブラックジャックはトランプのカードを使用して手札の合計が21に近いようにするというゲームです。
21が一番強いというように言ってもいいかも知れません。

後は20、19というように手札の合計が多いほど強いということになるのですが、ここで注意が必要なのは、21を超えてしまうと、それで負けが確定してしまうということです。
つまり、札は多ければ多いほど良いというわけでは無いという事になります。

絵札は全て10、エースは1か11になる

そして、カードの数え方も特徴があって、2~10まではそのカードの数字の通りということになりますが、それ以外の絵札は全て10という事になります。
そしてエースは1か11になるとい考えるのが面白いところです。

絵札を12のようには数えないという事をルールとして知っておく必要があります。
これが理解できると、手札が10以下の時には次にどんな札が来ても21を超えることは無いわけですから、次をもらうようにすべきという事がわかります。

そして、20のような事になればもう次をもらうと高い確率で負けることになりますから、ここでストップという事が常識的なところという事になるでしょう。

問題は15や16、17というぐらいの時ということになるのかもしれませんが、このようなところでの微妙な駆け引きが求められることになるのが、このゲームの面白い所ということになります。

ディーラーも同様にカードをもらっていますから、このディーラーとの勝負になるというのがこのブラックジャックの面白い所ということになります。
つまり、どんな手札であったとしても勝つかどうかはディーラーの手札次第という事になるという事。

ディーラーは17に手札がならなければ常に札を引き続けるルールがある

ここで、ディーラーにはちょっとした縛りがあるという事も知っておいた方が良いでしょう。
ディーラーは17に手札がならなければ、常に札を引き続けるという事が決まっています。

ですから、ディーラーは15や13というような合計になる事はなく、常に17以上か21をオーバーしてバーストという事になってしまうという事です。

勝負に勝つと掛け金が倍になるというもので、負ければ掛け金が無くなるという極めてシンプルなゲームです。
ただし、21で勝つことが出来た場合には、ブラックジャックといって1.5倍の掛け金を獲得することが出来るようになります。

10以上のカードが来る確率がかなり高いことを知っておく

手札が強いからと言って勝てるというわけでは無いというところがこのゲームの面白い所で、後はバーストという21を超えてしまう事で負けるという事を避けなければならない所が難しいという事になるでしょう。

・・・ブラックジャックのカウンティングの方法を知ろう

12程度の時でも絵札が次に来てしまう事があれば、それでもうバーストで負けが確定してしまうという事になってしまいます。
この10以上のカードがくる確率は実はかなり高いモノがあって、絵札と10とで4枚が10ということになりますから、数字の札が8枚である事を考えると、確率的には3分の1に近い確率で10以上のカードが来るという事が分かります。

ということは、高い確率でバーストしてしまうという事もわかってくるはずです。
ブラックジャックは小さな数字でコツコツと21に近づけるという事をしたいところではあるのですが、この10以上のカードが高い確率であるという事を常に考えておく必要があるわけです。

21を超えてバーストしてしまうとその時点で負けが確定してしまうというある意味では極めて危ない橋を渡らなければならないゲームという事がわかるはずです。

問題になっているあおり運転、どう対応すれば良い?

急増しているあおり運転を考える

ここ最近何かと話題を呼んでいるのが「あおり運転」です。
この行為自体はマイカーが普及し始めた当初からありました。

ところが昨今、それに関連した悲惨な事故やトラブルが多発しています。
元々運転マナーが悪い人々は昔からいました。
ただ甚大な事故やトラブルに発展する事例は少なく、ここ最近急増している新しい社会問題です。

モンスターペアレントやモンスタークレーマーなど、残念ながら近年日本の各地では非常に迷惑な人々が増えて来ました。
自分の非を一切認めず、相手に責任転嫁をして、それだけではなく自分の落ち度を棚上げした上に相手から謝罪や金銭を要求する、本当に怖い行動をするモンスターな人々が続出中です。

あおり運転をするのは、そういった自己中心的な考え方を持つ厄介な人々であり、善良なドライバーにとっては脅威以外の何物でもありません。

自動車は凶器

そもそも自動車はある種の凶器です。
そのため、他の危険物同様に免許が必要とされています。

元々が危険物であり、免許を取得する事で初めて利用出来る、そして免許を取得したからには教習所で習った交通法規と運転マナーを厳守する、というルールのもと、マイカーは利用が認められているのです。

その前提条件が近年かなり薄くなって来ており、運転免許証を所有しているにも関わらず平気で速度違反をしたり、赤信号なのに停車しなかったり、乱暴な運転をして周囲のドライバーに迷惑をかける等、法令遵守の精神がない人々が増加しました。

あおり運転が起きるメカニズムについて

あおり運転が起きるメカニズムですが、主に2つのパターンがあります。
一つ目ですが、いわゆるモンスタードライバーが「娯楽」のために、適当な車を見つけて追いかけて回して危険行為に及ぶ流れです。

ターゲットにされるのは軽自動車や運転技術がまだ未熟な若いドライバー、女性が一人で運転をしているエコカーなど、危険運転をする加害者は狡猾にそういった弱い立場のドライバーに狙いを定めて挑発的な走行に及びます。

ある種のいじめであり、被害者サイドに落ち度はなく、ただただ怖い思いを強いられるだけです。

一方で2つめのパターンは若干複雑となります。
サービスエリアや駐車場、そして公道でドライバー同士が何かしらの理由で揉めてしまい、その結果として片方の運転手が危険運転やマナー違反な行為をして、売り言葉に買い言葉のような形であおり運転のトラブルへと発展する事例です。

・・・東名“あおり運転”夫婦死亡で初公判…被告は謝罪の言葉なく「危険運転」無罪主張

結果的には煽られた被害者が、客観的には最初に加害者に対して暴言を駐車場で吐いたり、あるいは公道で被害者の方が先に信号無視や無自覚なあおり運転をした結果、悲惨な事故が誘発されます。

運転初心者の知らず知らずの行為がクレーマーに見つかると厄介

特に厄介なのが運転技術やマナーに明るくない初心者が知らず知らずのうちに公道で、危険な走行やルール無視をしてしまい、それを怒りっぽいクレーマー体質の運転手に見つかった場合です。

この場合、クレーマー体質の人は自分が煽られた、自分が正義の使者だと勘違いし、感情的にその車を追い回して結果的にあおり運転を始めます。

対応策ですが、1つめのパターンに巻き込まれた場合は兎に角、安全第一です。
明らかに自分に落ち度がなく、妙な車に絡まれた時は可能限りで早く停車したり進路を変更して別れるようにしましょう。

月並みですが、相手の挑発にのらない、そもそも関わり合いを作らない事が事故や暴行事件の回避策となります。
ドライブレコーダーを設置したり、そのステッカーを貼る事で迷惑運転手の標的にされない、というメリットがあり、効果は想像以上に大きいです。

次に2つめのパターンですが、運転やルールのトラブルがきっかけで起きる問題は、双方に落ち度があります。
初心者の方は知らず知らずのうちにマナー違反をしやすいため、怒りっぽくて悪い意味で正義感が強いドライバーに絡まれないためにも交通法規は厳守しましょう。

大迷惑?増え続けるゴミ屋敷について考える

ニュースなどでよく報道されるゴミ屋敷について

「ゴミ屋敷」という言葉、最近よく聞くようになりました。
俗にゴミが溢れかえっている住宅を言い、ニュースで報道されることもあります。

バラエティー番組でも面白がって取り上げることもあるくらいなので、以前からそのような家はありましたが、最近は世間に浸透しているなと本当に感じます。これほどにゴミを溜め込んで、家主はきっと変わり者なんだと物珍しい目で見ている人もいると思いますが、これはあまり笑って見ることができない事態だということをご存知でしょうか。

私の家の近くにも、外観はそれほど汚くはないけれど、玄関を開けると物が積み上げられているお宅があります。
このお宅の奥さんは隣人とも長い時間話し込んだり、人付き合いも普通にされています。

一見すると、一般的などこにでもいる普通の奥さんなのですが、その実、家の中はゴミで溢れかえっています。
テレビで取り上げられるほどのひどい状態のゴミ屋敷ではなくても、こういうお宅は結構多いようです。

ゴミ屋敷は火災が怖い・・・

怖いなと思うのはやはり火災です。
放火されることもあるかもしれませんし、自分の調理の火や石油ストーブの火が燃えることもあります。

また、夏場は臭いが周辺に漂うこともあり、害虫も増え、ご近所トラブルは絶えないのが本当のところです。
景観を損ねるだけでなく、そういった不安を抱えている家だということを忘れてはいけません。

ゴミ屋敷の家主はどこからともなくゴミを集めてきては、家の中や庭、そして家の前の道路に積んでいきます。
よくここまで集めてきたな、どうやって生活しているのだろうと不思議です。

なぜゴミとして認識されているものをわざわざ拾ってきて集めるのか、と普通の感覚では理解できないと思いますが、家主は自分なりの考えや法則に従ってこの状況を作り上げているようです。

物に対しての執着心が強い性格の人

一番多いパターンは、物に対しての執着心が強い性格の人です。
例えゴミであっても、「使える物」として持ち帰り、捨てることを全くしないためどんどん積み上げられていきます。

捨てるのはもったいない、まだまだ使えるという考えを持っているので、人から捨てるように言われるとカッとして攻撃的になることもあります。
テレビで紹介されているゴミ屋敷の家主はこのパターンの人が多いようです。

また、外からゴミを拾ってくることはしないけれど、家の中がゴミで溢れかえり足の踏み場もないという家(部屋)もあります。
このパターンは、主に生活で出るゴミを片付けられない人です。

整理整頓や掃除が全くできない人で、食べた後の食器を片付けられない、ゴミの日にゴミ出しができないというパターンの人です。

他にも、ゴミに囲まれても不快ではない人もいます。
汚れていても特に気にならないため、掃除や整理整頓に対して無頓着になります。

ADHD(注意欠陥・多動症候群)という障害を抱えている場合も・・・

だらしないから家がゴミで溢れかえるんだと多くの人が考えると思いますが、中には物が片付けられない、捨てられないというADHD(注意欠陥・多動症候群)という障害を抱えている場合もあるそうです。

人それぞれにパターンがあることがわかり、心当たりのある人は気を許すと一気にゴミ屋敷化してしまうかもしれません。
ゴミ屋敷の問題にぶつかった場合は、専門業者に依頼するのが一番確実だと言えます。

例えば、「自分で片付けようと一念発起したものの、一人ではできそうもない」「友人宅のゴミを何とかしてあげたいけれど、もっと人数が必要」などです。
専門業者であれば、環境問題やリサイクルの問題で簡単に捨てられないゴミをきちんと処理してくれます。

専門業者を入れた片付けであれば、ゴミが崩れてくるのを回避する方法を知っていますし、尖った物や割れたガラスなどで怪我をしないよう注意を呼びかけてくれますので安全に作業ができます。

専門業者がわからない場合は市役所に相談してみると良いと思います。

自宅でもできる!運動不足解消にもってこいの簡単ストレッチ

適度な運動は健康に欠かせない!

年齢とをわず、日頃から「運動不足」を感じている人は多いでしょう。
健康な体を維持するためにはバランスの良い食事、良質な睡眠とともに「適度な運動」が大切となります。

そのため、このままの状態を放置することによって、筋力が衰えたり、血行不良を起こしてしまうことで生活習慣病をはじめとする様々な病気や感染症にもかかりやすくなりますので注意が必要です。

おすすめは「ストレッチ」です。
ストレッチは屋外でもできますが、自宅でもできるため、天候を左右することのない運動の一つです。

自分でできる「骨盤矯正ストレッチ」 自宅で歪みをオフして楽に痩せる!

好きな時間に行うことができるので、家事や育児をしながら、テレビを見ながらの「ながら運動」として取り入れることもできます。
日本人ならば誰しもスポーツを行う前などに行った経験があるでしょう。

ストレッチの効果について

ストレッチを行うことの効果として挙げられるのが、「体が柔らかくなること」です。
体が柔らかくなることで得られるメリットは、滞っていた血行やリンパを促進させることで冷え性の改善や肩こりや腰痛の解消、可動領域が広がることによってケガをしにくくなり運動の能率をアップすることもできます。

また、ストレッチのあとの脳はリラックスしていることが判明しており、前頭葉でαを増進させて副交感神経が多く働きやすい状況を作り出しているからです。

副交感神経が優位に働くことで、朝までぐっすりと眠ることができるので睡眠の質までよくなります。
さらには、基礎代謝が上がることで女性にはうれしい「ダイエット効果」まであるといわれています。

そこで、誰にでも簡単にできるストレッチをいくつか紹介していきましょう。

おすすめ!開脚ストレッチのやり方

まずは、開脚して行うもので、床に座り開脚し、お腹を片足の太ももにつけるように上半身を倒して3秒間キープします。
ゆっくりと体を起こして、反対側も同様に行っていきます。

これを交互に5回ずつ繰り返すものです。
開脚する際に、足を大きく開ける人は限界まで開いてもよいのですが、開けない人は適度なところでやめておきましょう。

無理して行うことで体を痛める原因となります。
開脚を行った後は、あおむけに寝転がり、片方の足を膝に引き寄せてゆっくりと呼吸をしていきます。

太もものあたりを伸ばすような感覚で行っていきます。
片足が終わったら、今度は反対側の足を行っていき、交互に3回ずつやりましょう。

普段は使われることのない筋肉を伸ばすことで、体のコリを解消することができます。

スマホをよく見る人は肩上げストレッチ

次は、日常的にスマートフォンを閲覧することが多かったり、パソコンで作業をする機会があって肩コリを頻繁に感じている人におすすめのもので「肩上げ」と呼びます。

息を吸いながら両肩を挙げて腕を首をすくめるようにして、5秒間ぐらいキープし、息を吐きながら、両肩をストンと落とします。
こちらも、この動作を、繰り返していくだけです。

肩上げのあとには「首回し」も有効的で左右交互に二回ずつ、息を吸いながら頭を右から後ろに回します。
息を吐きながら、頭を後ろから前に回していき終了です。

毎日継続して行うことが大切

この時に急いで首を回してしまうと人によっては「めまい」を起こしてしまう可能性もあるので、ゆっくりと行うように心がけていきましょう。
正しいストレッチを行うためにポイントは、動きやすい服装をしていること、時間をかけて行うこと、呼吸に意識することの三つです。

特に、呼吸はとても大切で、普段以上にゆっくりと深呼吸することが大事で、息を吐くときには、筋肉がじんわりと伸びていっていることを実感していきましょう。

久しぶりに運動をする人や体の硬い人などははじめは上手にできないかもしれません。
しかし、毎日継続して行うことで、少しずつ体にも変化が訪れてきます。
諦めることなく続けていくことが何より大切です。