問題になっているあおり運転、どう対応すれば良い?

急増しているあおり運転を考える

ここ最近何かと話題を呼んでいるのが「あおり運転」です。
この行為自体はマイカーが普及し始めた当初からありました。

ところが昨今、それに関連した悲惨な事故やトラブルが多発しています。
元々運転マナーが悪い人々は昔からいました。
ただ甚大な事故やトラブルに発展する事例は少なく、ここ最近急増している新しい社会問題です。

モンスターペアレントやモンスタークレーマーなど、残念ながら近年日本の各地では非常に迷惑な人々が増えて来ました。
自分の非を一切認めず、相手に責任転嫁をして、それだけではなく自分の落ち度を棚上げした上に相手から謝罪や金銭を要求する、本当に怖い行動をするモンスターな人々が続出中です。

あおり運転をするのは、そういった自己中心的な考え方を持つ厄介な人々であり、善良なドライバーにとっては脅威以外の何物でもありません。

自動車は凶器

そもそも自動車はある種の凶器です。
そのため、他の危険物同様に免許が必要とされています。

元々が危険物であり、免許を取得する事で初めて利用出来る、そして免許を取得したからには教習所で習った交通法規と運転マナーを厳守する、というルールのもと、マイカーは利用が認められているのです。

その前提条件が近年かなり薄くなって来ており、運転免許証を所有しているにも関わらず平気で速度違反をしたり、赤信号なのに停車しなかったり、乱暴な運転をして周囲のドライバーに迷惑をかける等、法令遵守の精神がない人々が増加しました。

あおり運転が起きるメカニズムについて

あおり運転が起きるメカニズムですが、主に2つのパターンがあります。
一つ目ですが、いわゆるモンスタードライバーが「娯楽」のために、適当な車を見つけて追いかけて回して危険行為に及ぶ流れです。

ターゲットにされるのは軽自動車や運転技術がまだ未熟な若いドライバー、女性が一人で運転をしているエコカーなど、危険運転をする加害者は狡猾にそういった弱い立場のドライバーに狙いを定めて挑発的な走行に及びます。

ある種のいじめであり、被害者サイドに落ち度はなく、ただただ怖い思いを強いられるだけです。

一方で2つめのパターンは若干複雑となります。
サービスエリアや駐車場、そして公道でドライバー同士が何かしらの理由で揉めてしまい、その結果として片方の運転手が危険運転やマナー違反な行為をして、売り言葉に買い言葉のような形であおり運転のトラブルへと発展する事例です。

・・・東名“あおり運転”夫婦死亡で初公判…被告は謝罪の言葉なく「危険運転」無罪主張

結果的には煽られた被害者が、客観的には最初に加害者に対して暴言を駐車場で吐いたり、あるいは公道で被害者の方が先に信号無視や無自覚なあおり運転をした結果、悲惨な事故が誘発されます。

運転初心者の知らず知らずの行為がクレーマーに見つかると厄介

特に厄介なのが運転技術やマナーに明るくない初心者が知らず知らずのうちに公道で、危険な走行やルール無視をしてしまい、それを怒りっぽいクレーマー体質の運転手に見つかった場合です。

この場合、クレーマー体質の人は自分が煽られた、自分が正義の使者だと勘違いし、感情的にその車を追い回して結果的にあおり運転を始めます。

対応策ですが、1つめのパターンに巻き込まれた場合は兎に角、安全第一です。
明らかに自分に落ち度がなく、妙な車に絡まれた時は可能限りで早く停車したり進路を変更して別れるようにしましょう。

月並みですが、相手の挑発にのらない、そもそも関わり合いを作らない事が事故や暴行事件の回避策となります。
ドライブレコーダーを設置したり、そのステッカーを貼る事で迷惑運転手の標的にされない、というメリットがあり、効果は想像以上に大きいです。

次に2つめのパターンですが、運転やルールのトラブルがきっかけで起きる問題は、双方に落ち度があります。
初心者の方は知らず知らずのうちにマナー違反をしやすいため、怒りっぽくて悪い意味で正義感が強いドライバーに絡まれないためにも交通法規は厳守しましょう。