自動車メーカーの相次ぐリコール、不正問題を考える

EV仕様のマイカーへと切り替わる日も近い?

自動車の業界は大きな転換期を迎えています。
電気自動車への移行が急ピッチで進められています。

今現在はまだガソリン車の方が主流ですが、近いうちにEV仕様のマイカーへと切り替わります。
業界だけではなく、世界中の国々がそれを推し進めています。

いずれガソリン車は鉄道でいうところのSLのような存在になるのかもしれません。
完全に絶滅する事はないものの、EVマイカーにシフトし、車の役割と仕様が大幅に変わるのは確かな未来です。

そのため、自動車メーカーは不断の努力を続けています。
ライバル企業に負けないように独自の技術を開発して、電気自動車のポテンシャルを引き上げています。

EVの弱点であった馬力が弱い事、バッテリ性能が低い事は見事にイノベーションによって改善されました。
ここ数年で電気自動車をめぐる技術革新は劇的に進められており、それはメーカー同士の熾烈な競争があったおかげです。

コンプライアンス違反、ガバナンスの乱れ等の問題が生じている

一方でどの業界にも言える事ですが、新しい規格や環境に向けて各企業が激しい技術開発の競争を激化させると、業界全体が疲弊します。
ライバル企業から一歩でもリードするため、不断の努力を続けて新技術に費用を大規模に投資する事は確かに大事です。

それによって劇的にイノベーションが起きて一般消費者にとっては大きな恩恵が生まれます。
電気自動車の値段が下がり、性能が良くなるのはユーザーにとっては嬉しい事ですが、その弊害として自動車メーカーが競争に明け暮れるあまり、コンプライアンス違反が増えたり、ガバナンスが乱れる等の問題が生じています。

有名な自動車メーカーでこの頃リコールが多発しています。
個別の原因は様々ですが、マクロ視点で見ると業界の激しい競争によって、ライバル企業に勝つためには多少の無理は仕方ない、というコンプライアンスへの意識が下がって来た風潮があるのです。

経営にはトレードオフが不可欠であり、品質を優先するとスピードが犠牲になり、反対に開発速度を優先するとクオリティが下がります。

組織構造が多発するリコールの背景に隠されている

本来であれば経営者が自社のグラウンドデザインを描き、そのどちらかをリスクを積極的に取って決断をしなければなりません。
しかしながら、品質と開発速度の両方を維持したいという欲求が強い組織が多く、その二律背反する問題を具体的な解決策を講じないまま、経営陣が現場のスタッフにプレッシャーを与える、そんな組織構造が多発するリコールの背景に隠されています。

経営陣は少しでもライバル企業に打ち勝つため、論理的に戦略を立案し、現場はハードなスケジュールでも無理をして完成に近づける、客観的にみれば皆、それぞれが良い事をしているにも関わらず、結果的には品質が低い車が世の中に出てしまい、その対応が後手後手にまわっているのです。

スペック数値の偽装や検査書類の不正なども、各メーカーで頻発しています。
こちらも原因は熾烈な競争にあり、少しでも短期間で良い製品を生み出そうとする、努力が無理なスケジュールを現場に強い、疲弊してコンプライアンス意識が希薄になった現場スタッフが、いけない行動に走ってしまう、そのような図式があります。

若年層がマイカーを買わなくなった事による影響

また業界全体で検査体制やスペック表示がいい加減になっている、との指摘もあり、競合他社が不正をしているので自社がしても問題ないだろう、というモラルハザードが自動車業界全体にまん延している恐れも高いです。

間接的な要因としては、若年層がマイカーを買わなくなった事による影響もあります。

近年若年層の所得がひと昔よりも激減しており、今までは新車のメインターゲットになった層がそもそも車離れを起こしている事があり、これが自動車メーカー各社の売り上げダウンに影響している事は確かであり、いけない事ですが有名企業の現場と経営陣にも将来への焦りと不安が渦巻いており、それが不正やリコールの遠因になっている感は否めません。